買ったばかりのマンションを査定に出した話

どうもこんにちは。黒ねずみです。

昨日ダイソンの扇風機が当たったことを書きましたがそのきっかけとなったのがマンション価格の査定をしたことです。私はマンションを買ったばかりなのですが、なぜ査定に出したかというと働いている会社として全国転勤(場合によっては海外も)があり、正直これから先ずっと同じところに住み続けることはないだろうと思ったので、売れるときどの程度の価値があるのか知っておきたかったからです(じゃあそもそも家買うなよという話ですが)。

初めてだったので戸惑うこともありましたが、どう査定すればいいのかわかったので非常に勉強になりました。

どうやったら査定できるか分からなかったのですが、ネットで調べると一番上に「すまいValue」というサイトが出てきたのでこれを使いました。

住所やメールアドレス、電話番号等を入れると最後にどの業者に査定を出すか選ぶ画面が現れます。以下の6社のいずれかまたは全てが選べました。

  • 三井不動産リアルティ
  • 東急リバブル
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 野村不動産
  • 小田急不動産

深夜に作業したのでその日は登録だけして就寝。翌日は朝から子供と遊んでいたので携帯はしばらく見ていなかったのですが、10:00頃スマホを見ると着信が16件。

え…………….なにこれ………….なんで??あ、もしかして昨日のマンションの査定か!!

よく見るとメールもめちゃくちゃ来ていました。

こんなに営業がすごいとは思ってなかったです。

そこから何社かと連絡を取ると、なぜ査定を出したのか、売却の予定があるかを聞かれました。

今すぐ売る気はないと正直に伝えましたが、どの会社さんもそれでも一度査定を出させてほしいとおっしゃってくださいました。

査定に当たっては当然ですが、現地確認をさせてほしいと言われました。まあ今回はざっくりでいいかと思い、内覧は断った上で簡易の査定を出してもらいました。

結果として会社ごとに幅はありましたが、すべての査定で購入価格以上の査定になっていました。ただ実際に売れる価格というわけではないみたいで、そこから買い手候補との価格交渉があり、一般的には当初の売却価格より多少低い価格で売れるみたいです。

個人的には野村不動産の方が非常に丁寧で好感が持てました。

すぐに売るつもりはないので今回査定をお願いした担当者の方々には申し訳ないですが、いつか売ると思うので許してください。住んでいる地域でどのような家族構成の世帯が増えているのか、どのような間取りが人気があるのか教えてもらって、とても参考になりました!

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。