マウスを買い換えないといけなかったので、何も考えずにAmazon’s Choiceのマウスを買ってみた

どうもこんにちは。黒ねずみです。

昨年からテレワークが増えて、会社のリモートPCのマウスを買って1年半ほど使っていました。

 

が最近不具合が出てきました。

これがこれまで使っていたマウスなんですが…………..

この側面のゴムっぽい部分がちょっと剥がれてきて中から接着剤?のようなものが漏れてマウスがベタベタしてきたんですよね。

どんな状態だよって感じだと思いますがほんとにドロドロした粘着性のある黄色い液体が出てくるんです。

 

最初はウェットティッシュで拭きながら使ってたんですが、いくら拭いてもまたベタベタしてくるので買い換えることにしました。

 

ということで今回は新たに買ったマウスをご紹介します!

 

 

どのマウスを買ったか

買ったマウスはこちら。

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU/EC 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 Windows Mac Android iOS iPadOS 対応

ELECOMのワイヤレスマウスです。

なぜこれにしたかというと安くてAmazon’s Choiceになってたからです。

 

PCで作業する中でマウスの性能は大事だろと思ってはいますが、リモートPCで四六時中作業している訳ではないので、あまりこだわる必要ないかと思ってAmazonを見はじめて1分くらいで決めました。

 

あと選んだ基準をあえて言うなら基本PCと一緒に持ち歩いているので、小さいというのは重視しました。

ということで到着を待ちます。

 

マウス到着!

買った翌日には到着しました。

 

箱はこちら。

イメージしてた箱と違うな。

透明のプラスチックで中身あ見える箱が多いと思いますが、この商品は中は確認できなくなっています。

 

さっそく開封。

内容はシンプル。マウスと電池。

説明書は入っておらずQRコードからマニュアルをダウンロードするかたちとなっています。

 

こちらがマウス。

手が触れる部分はマットな素材。

ツルツルした素材だとけっこう手垢とかが着いたりするので個人的にはこっちのほうが好きです。

形的に右利きでも左利きでも使いやすそうです。

またバックボタンが着いていて左上の←ボタンをクリックせずとも前のページに戻ることができます。

マウスの移動スピードを変える機能は付いていません。

 

こちら背面。

電池はここから入れます。

単三電池が1本必要です。

 

まず早速PCと接続しましたが非常にかんたん。

PCのbluetoothで検索して接続するだけ。数十秒で終了しました。

説明書を読む必要もありません。

 

また使ってみた感想ですが概ね良好です。

クリックが静音使用になっているので、電話中にPCいじりまくっててもバレにくいです笑

また電池も1本で動くので軽いです。地味に良いです。

 

悪いところは、クリックするのにやや力が必要か?というところです。他のマウスよりも少し力を入れないと押せない気がします。まあ慣れの問題かもしれないのでもう少し使ってみます。

あとはスイッチのオンオフ部分を切り替えるときに少し痛いことです。

もちろん普段使ってる分には問題ないです。

 

 

まとめ

はい、ということで今回は何も考えずに買ったエレコムのワイヤレスマウスをレビューしていきました。

 

総合的な感想としてはコスパ良いなという感じです。

小さくて軽いし、バックボタンも付いてるし何より安い。

 

さすがAmazon’s Choice。

 

購入を検討されている方は参考にしてください。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。