銀座にある無料の施設、警察博物館に行ってみた。無料と考えたらけっこう良かった!

どうもこんにちは。黒ねずみです。

もう10月だと言うのに今日はとても暑かったです。

で最近家族でお出かけしていなかったので、緊急事態宣言も解除されたこともあって久しぶりに銀座に行きました。

 

目的は息子の誕生日が近いということでケーキ、それから息子が食べたいと言ったお寿司を買うことです。

そして一番の目的はこちら!

そう、警察博物館という場所に行くことです。

 

警察博物館?そんなのあったんだって感じですが銀座にあるらしいのです。

今まで何回も銀座行ってましたが存在自体知りませんでした。

 

ということで今回は初めて行ってみた警察博物館について書いていこうと思います。

  

 

警察博物館とは?

警察博物館とはその名の通り警察の歴史や活動内容などを見学できる博物館です。

公式ホームページでもあまり詳しい説明はないのですがこちら。

参考 警察博物館を紹介!公式HP
  • ポリスミュージアムは、日本警察の始まりから現代までの歴史的な資料を展示し、現在の警視庁の活動について紹介する、来て、見て、学び、体験できる博物館です。
  • 警視庁創設者である川路大警視に関する資料をはじめ、草創期からの事件に関する資料や、制服等装備品の変遷を展示するほか、警察各分野で活動する警察官の紹介等を行っています。
  • 子どもたちも興味を引くよう、アニメーションを使った映像作品や警察官の仕事を疑似体験できる展示装置などを導入し、楽しく警察の活動を学べます。
  • 外国からのお客様に警視庁のことを知っていただけるよう、館内の主な展示には英語表示があります。
  • 音声ガイドの貸し出しも行っています。

 

施設の概要は以下の通り。

開館時間

時間制限 1回150分(受付時間含む) 1日2回

  • 1回目 午前9時30分から正午まで
  • 2回目 午後2時00分から午後4時30分まで

(注記)最終入館は、各回終了時間の30分前までとなります。

人数制限

最大50名(定員に達した時点で入館を制限します。)
(注記)1組につき5名まで、入館される皆様全員お揃いの上お並びください。
団体見学の受付は中止しております。

展示制限

白バイ、パトカー等乗車、自転車シミュレーション、子供制服着用、音声ガイド貸出、一部のタッチパネル等は休止とします。

休館日

  • 月曜(祝日にあたる場合はその翌日)
  • 年末年始(12月28日から1月4日)

入館料

無料

所在地

〒104-0031
中央区京橋3丁目5番1号

最寄駅

  • 東京メトロ銀座線 京橋駅(2番出口から徒歩約2分)
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線 銀座駅(A13出口から徒歩6分)
  • 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口から徒歩約4分)
  • 都営浅草線 宝町駅(A4出口から徒歩約5分)
  • JR有楽町駅(京橋口から徒歩約7分)
  • JR東京駅(八重洲南口から徒歩約10分)

 

入館料無料というのは良いですね。

開館時間は9:30〜16:30までですが12:00〜14:00は入れないので注意!

僕はここちゃんと見てなくて時間潰す羽目になりました笑

 

とうことでさっそく行ってみます!

 

 

14:00現地到着!

はい、ということで14:00きっかりに到着しました。

そんなに混んでないだろうとなんの根拠もなく思っていましたが………………

うわっ!超並んでる!

 

ほぼ100%子連れでした。

人気なんだなあ…………………

建物外観。

ポリスミュージアムと書いてあります。

 

建物の横まで列が出来ていました。

なかなかの並びっぷり。

 

全員揃ってないと入れないようなので注意。

 

だんだんと入り口が近づいてきました。

おっ、入り口にパトカーが!

 

正面に回るとまだけっこう並んでいました。

ちなみに並んでる最中でも職員の方に言えばトイレは使わせて貰えます。

小さいお子さんがいると心配ですが、その辺は大丈夫そうです。

 

また看板。

さっきとだいたい同じことが書いてあります。

小さいお子さんのマスクについては2才未満はマスクが必要、と書いてあります。

これいつも思うんですが2才未満って2才はいるのかそうでないのかよくわかりません。

未満ってことは2才は入らないから実質2才以上は全員マスクが必要なのか?

なんとなく3才以上っぽい気がするんですが。僕の日本語力が乏しかったらすいません………………….

なに。

手前で止められてしまった。

50人入ってしまった模様。

誰かが出てくるまで入れないか?と思いましたが、5分くらいしたら入れてくれました笑

暑いからよかった!

 

おおー!

さっそく色々見えてきた!

 

そして入館。

いきなり左手に自動販売機が。

 

ピーポくんグッズなんかが売ってます。

全体的にやや高めで何も買いませんでした笑

 

6階建てです。

4、5階は写真撮影できないのでご注意ください。

 

こちら2階のジオラマ。

街で起きている交通事故や空き巣、痴漢など様々な事件の危険があるから気をつけよう!みたいな映像を見ることができます。

 

これは自転車に乗るシミュレーションが出来るのかな?残念ながらコロナで休止中でした。

 

実物サイズの交番があります。

 

警察のいろんな道具。

子供より大人が面白がるかも。

 

決まった足場に立つと白バイ隊員などの色々なコスチュームを身につけることが出来ます。

 

6階。

こちらは1964年の東京オリンピックのときに警察の方々が活躍した写真が飾られています。

入るときはあんなに並んだのにこの階は誰もいませんでした笑

 

まあ小さい子がこれを興味津々で見るのはけっこう難しいかな笑

 

ちなみに階段の壁には警察の方が仕事をしている様子の絵が描いてありました。

息子は楽しそうに見ていました。

 

 

まとめ

はい、ということで今回は初めて行った警察博物館について書いていきました。

展示内容が子供向けでないのもいくつかありましたが、無料のクオリティは超えてると思います!

 

休日だったので混んでましたが平日なら落ち着いて回れるんじゃないかと思います。

もし銀座で時間を持て余した際はぜひ立ち寄ってみてください!

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。