SPYDの分配金が入ってきました

どうもこんにちは。黒ねずみです。

3月の終わりにSPYDを80口購入していましたが今日分配金が入ってきていました。

今回はSPYDの紹介と分配金について(国内ETFとの違い)書いていこうと思います。

SPYDとは

米国のETFで正式名称は

SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF

という名前です。長い

米国の色々な銘柄を組み入れており一銘柄あたり高くても1.6%程度とかなり分散されています。

名前の通り高配当銘柄を組み入れており米国ETFの中でも分配金利回りはかなり上位です。

基本的な情報はこんな感じ。

・分配金利回り:4.75%
・信託報酬:0.07%
・決算回数:3,6,9,12月(4回)
・基準価格:40.33ドル(2021/6/24)

やはり圧倒的に良いのは信託報酬の安さ。

国内ETFはだいたい0.3〜0.4%ほどのものが多いですが0.07%は圧倒的です。

あとは年4回分配金が入ってくるのも嬉しいです。

チャートはこんな感じ。

コロナ直後に下がっていますが、今は回復しています。長期で見ると上がり続けています。

分配金貰えて元本も上がり続けてるなんて最高。

僕は少し前にETFを始めてまだまだ初心者ですがSPYDが良いというのはよくわかります。

今回もらった分配金

今日入ってきた分配金はこちら。

22.9ドルです。

分配金はドルか円どちらで受け取るか決められます。

僕はドルで受け取ることにしました。

今回は1口当たり0.398912ドルの分配金が貰えます。

僕は80口持っているので

80口✕0.398912ドル=31.9ドル

手元に入ってきているのは22.9ドルなので71.7%受け取ってる感じです。

けっこう税金で取られてますね。

まず米国で10%が源泉徴収された後、日本で20.315%の税金が取られているようです。

これで計算すると31.9ドル✕(1ー10%)✕(1ー20.315%)=22.87ドル

だいたい計算合います。

ちなみに僕は38.63ドルのときに買っています。80口持っているので投資総額は

38.63ドル✕80口=3,090.4ドル

になります。

今回の分配金は年間4回の中では少ない方なので1年間で見ると税引き後でなんとか3%を超える利回りかなあと。

税金ってかなりでかいですね。

ということで今回は始めて分配金が入ってきたSPYDについて書いてみました!

ご検討されている方は参考にしてください。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。