そんなに英語が得意じゃない僕がTOEICの文法9割取れるようになった話

どうもこんにちは。黒ねずみです。

以前も書きましたが僕は少し前にTOEICのオンラインテストで840点を取りました。

もともと英語が得意という訳ではなく就職して10年くらい500点〜600点あたりをうろうろしていたのですが集中して勉強してなんとか目標の800点を超えることが出来ました。

TOEICはpart1〜7に分かれていて全体で200問。その中で文法はpart5にあたり問題数は30問ですが、ここを余裕を持って解くことでその後のpart6,7でも余裕を持つことが出来ます。

TOEICの勉強をしていた最後の方はだいたい安定して8.5〜9割くらいの正答率を出せていましたが、今日は僕がpart5を攻略した方法を書いていきたいと思います。

使った教材

僕が使った教材はこれだけです。どどん。

1駅1題 新TOEIC TEST 文法超特急

色々なテーマで出ている超特急シリーズのひとつです。値段も1,000円しないくらいなのでオススメです。この参考書を6周くらいやってあとは公式問題集2冊を繰り返し練習しました。

僕がやったpart5の解き方

文法超特急を使っているので基本的な戦略は同じです。細かい内容は実際に本を見ていただきたいのですが、僕はpart5に出てくる問題を以下のパターンに分けました。

  1. 時制
  2. 態(能動態とか受動態とか)
  3. 前置詞、接続詞
  4. 熟語
  5. 単語

このうち1,2,3を間違えないようにします。コツさえ掴めば文を見た瞬間に答えられる問題も多いです。

さらにルールとして決めていたこととしては、「可能な限り全文は読まない、日本語訳もしない」ことです。

part6,7に余裕を持たせるため、僕はpart5を12分で解くというルールを作っていました。で読むの遅いので全部読んでると間に合わないんですよね。

幸いこのパートは見て2秒くらいで答えが分かる問題もあるので、ちょっと手こずった問題で1分くらいかかっても帳尻を合わせることが出来ます。それでも僕はギリギリでしたが笑

熟語と単語は分からなかったらさっさとテキトーにマークして次に行きます。知らないなら粘っても答え出ませんからね。

熟語と単語についてはまた別の教材を使って覚えたので別記事で書きます。

体感的に1〜3を確実に取るだけで7割くらいはいけるはずです。

TOEICを勉強してて思ったのは言語の勉強ではあるんですがスポーツに近いものがあると思いました。繰り返し練習して同じパターンを何度も繰り返し練習して体に染み込ませる。特にpart5ではイレギュラーな問題はほぼ出てこないので、練習量がそのまま点数の差になるはずです。

もしこれから勉強を始めるという方の参考になると幸いです!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。