6月のハワイ旅行断念!!ひとまず手元のマイルは国内旅行で使うことにしました。

どうもこんにちは。黒ねずみです。

以前の記事でマイルを使ってビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスでのハワイ旅行の予約をしました!と記事を書きましたが……………………

なんと行けなくなりました………………..

以前旅行の予約をしたときの記事はこちらを御覧ください。

圧倒的妥協!しばらく空席待ちのままにしていたANAのホノルル行き便を確定させました! 家族3人でハワイにビジネスクラス旅行予約、復路編 3人分のホノルル 行きANAビジネスクラス特典航空券取れました!

理由はなんとなくわかると思いますが今回はなぜ行けなくなってしまったか、その理由とキャンセルの手続き、キャンセルした場合マイルはどうなるか?を書いていこうと思います!

なぜキャンセルになったか?

これはもうシンプルです。

コロナのせいです。

2月14日に以下のようなメールが来ました…………………

コロナの影響でフライトが運休になったとのこと。
運航に関するURLをクリックして国際線の状況を見てみると………………

場所にもよりますがホノルルはかなり少ないです。

ちなみに先に往路のみ連絡がきましたが、その後すぐに復路についても同様のメールが来て欠航になっていました。

あーあ。予約あんなに苦労したのにな。予約を変更するなり解約するなり手続きが必要なのでと思い取り敢えず試みることに。

以下メールではウェブサイトで解約できるように書いてありますが、電話予約した場合は電話のみでしか予約変更及び解約が出来ないため電話します。

解約方法

解約方法はとてもシンプルで、電話で解約の旨を伝えるだけです。

ものの1分くらいで終わりました。

ちなみに解約する前に予約変更可能かどうかも聞いてみました。
結論として、「変更は可能だが実際に取るのは難しい」でした。

残っている便にもそれぞれ予約が既に入っており、当然マイレージで利用できる枠も決まっています。
自分の便がコロナ影響で欠航になった場合(自己都合でない場合)でも他の便のマイレージ枠を増やすことは出来ないということです。

まあそうだろうなと思っていたので諦めました笑

ということですぐに解約。
また日程を変更して新しい予約を試みる元気はなかったのでいったんハワイは諦めます。

キャンセルしたマイルはどうなる?

国際線の特典航空券の場合、本来であればキャンセル時に3,000マイル必要になりますが………….

今回はコロナ影響ということでキャンセル料は不要でした!
ほんと良かった笑

しかもマイルの期限ももともとの期限から3年ではなく、今回のキャンセル後にマイルが戻ってきてから3年と実質延長になりました!
2020年にホノルル行きのフライトが欠航になったときも同様の取り扱いとしてもらったので、かなりありがたいです。
これを続ければコロナ影響がある限りはずっとマイルを持ち続けられるのでは?とも思ったりします笑

またマイルとは別に燃油サーチャージを払ってしまっていましたが、こちらも返ってきます。
僕の場合は77,420円返ってきます。なんか得した気分!

ちなみにマイルと燃油サーチャージが返ってくるタイミングですが、マイルは翌日には戻ってきていました。
燃油サーチャージはクレジットからの引き落としにしていたので、クレジットの支払額から差し引かれるかたちとなり、こちらも3日後にはクレジット明細に反映されていました。

どちらも手続きが非常に早くて助かりました。

まとめ

はい、ということで今回は欠航になってしまったホノルル行きのフライトの手続きについて書いていきました。

いやーーーー、残念ですが仕方ないですね。
6月なら行けるかなあと思っていましたが。

まあこれでまた手元に20万マイル以上がある状態になったので、国内旅行で色んな所行くことにします。
20万マイルあれば家族3人で最低3回位は旅行に行けそうです。

これから国際線の予約をする、解約をするという方はぜひ参考にしてください!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。